コラム

SAT小論文とSAT科目テストの受験が廃止、SATがオンライン試験を考えてる!? 2021年1月19日の発表を解説

The College Boardが発表した3つの方針とは?

2021年1月19日に、SATを主催しているThe College BoardからSATの3つの方針が公開されました。

発表のタイトルは、An Update on Reducing and Simplifying Demands on Students(学生への要求を削減・単純化する最新情報)というものでした。

SATとは?

SATとは、SAT Reasonoing TestSAT Subject Testの2種類から成り立っている、アメリカの大学入試の出願時に提出する学力テストです。

SAT Reasoning TestとSAT Subject Test の違いとは?

SAT Reasonoing Testとは、ほとんどのアメリカの大学入試の出願において、提出を要求されてきた共通学力テストです。しかし、2021年度の入試(終了済み)では、新型コロナの影響によりほぼ全てのアメリカの大学がSAT論理試験の提出を任意としていました。

2021年度のSAT論理試験は、1600点満点のテストで以下の2つのセクションで成り立っていました。

  1. Evidence-Based Reading and Writing 
  • Reading (読解)
  • Writing and Language  (ライティング)
  • Mathematics (数学)

SAT Subject Test (科目試験) とは、ほとんどのアメリカのトップ大学がSAT論理試験に加え、2〜3科目の提出を必須としてきた科目試験です。

英語、数学、歴史・社会学、語学、自然科学の5分野・20科目から自分の専攻や得意不得意を考慮して、受験します。

この記事では、The College Board の2021年1月19日の発表について、その内容と日本からの留学生に与える影響を解説します。

第一発表:SAT科目試験が受験廃止

SAT科目試験が2021年6月いっぱいで受験廃止と発表されました。

”APが低所得者や有色人種の学生にも広く汎用したことにより、SAT科目試験は学生の知識を図るために必要ではなくなりました”

https://allaccess.collegeboard.org/update-reducing-and-simplifying-demands-students

AP(Advanced Placement) とは、大学の一般教養の科目を高校で任意で取得できる制度で、受講した際アメリカの大学の入学判定で有利になります。

このAPが以前受験が難しかった低所得者などにも近年普及したことで、SAT科目試験は今後必要ではないと判断したとのことです。

第二発表:SAT Reasoning Testの小論文が2021年7月以降受験廃止に

”SAT小論文以外での小論文執筆力の測定を”

https://allaccess.collegeboard.org/update-reducing-and-simplifying-demands-students

2021年度のSAT Statistical Testは、Evidence-Based Reading and WritingとMathematicsの2セクションがありました。

この2つのセクションに加え、ほとんどのアメリカの大学がオプショナルであるEssay (小論文)の提出を必須としていました。

しかし、現在はSAT小論文以外での小論文執筆力の測定が可能なので、2021年7月以降は受験を廃止するとのことです。

第三発表:オンライン試験など、柔軟性の高い取り組み

“パンデミックは、革新的で将来に適応する重要性を強調しました。現在、私たちはSATをより柔軟性のあるツールするために、多額の投資を行っております。幼稚園から高校までの教育員と議論しており、今年の春後半に詳しい情報を共有しようと考えています。”

https://allaccess.collegeboard.org/update-reducing-and-simplifying-demands-students

新型コロナウイルスの影響で対面での受験が不可能になり、ほとんどのアメリカの大学がSATを入学判定の基準から断念せざるを得ない結果となりました。

そこで、The College Boardはオンライン受験を導入するなどの対策を取るとのことです。

廃止された項目以外の受験対策を入念に

希望する大学の入学審査基準の項目を把握し、受験対策をしましょう。SAT小論文とSAT Subject Testの廃止されたことにより、入学審査基準で他の項目がより重要視されます。

例えば、カリフォルニア大学ロサンゼルス校では、以下の項目の提出が必要になります。

  • 高校の成績
  • 大学専用の小論文
  • SAT Reasoning Test
  • 課外活動
  • TOEFL

受験を逃さないように、情報のアップデートを

アメリカの大学の受験のタイミングを逃さぬよう、The College Boardや受験希望大学の情報にアンテナを張っておきましょう。「SAT論理試験が2022年度の入試で必須とされるのか」「オンラインで受験できるのか」などとの受験において重要な情報は今後各大学やThe College Boardから更新されますので、定期的にチェックしておきましょう。

当サイト ToBay、渡米 でも、アメリカの大学の受験を希望する人たち向けに、情報発信を行っていく予定です。よろしければ、Twitterのフォローもよろしくおねがいします

LA起業家三木アリッサが若手に贈る”ハリウッドで成功する3つの秘密”とは?前のページ

関連記事

  1. class

    コラム

    カリフォルニア大学が秋学期から対面授業に復帰!? 2021年1月11日の発表を解説

    カリフォルニア大学、9月から対面授業再開するって本当?ここ一…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. コラム

    SAT小論文とSAT科目テストの受験が廃止、SATがオンライン試験を考えてる!?…
  2. インタビュー

    LA起業家三木アリッサが若手に贈る”ハリウッドで成功する3つの秘密”とは?
  3. class

    コラム

    カリフォルニア大学が秋学期から対面授業に復帰!? 2021年1月11日の発表を解…
PAGE TOP